Banner
タクシーである事をすると料金が下がる

交通手段がない時や、ちょっとした場所に行くときは、皆さんは、タクシーというサービスを使っていると思います。しかし、都合よく来てくれるので、少し高めの料金を支払わなければいけません。だから、お金に余裕のあるときじゃないと乗ることができないという人が多いと思います。多分こういう人は、必ず一度はこう思っているのではないでしょうか。出来るだけ安く乗れればいいのに。と思っている人がほとんどじゃないでしょうか。また、思っていなくても、この話をすると、共感できる人が多いのではないのでしょうか。こういう人たちのために、実際体験してみた、タクシーを安く利用する方法を教えたいと思います。なお、この方法は、どちらかというとせこいので上品に利用したい方にはあまりお勧めできません。東京で乗っていたときに、急に腹痛が強くなり、運転手に言いました。そうしたら、目的地に着き、賞金を支払う際に運転手が、料金の合計から3割安くしてくれました。何故かと聞くと、タクシーの中で、病気になると安くしてくれるそうです。このように、自分のどこかの痛みを運転手に訴えて安くしてもらえばいいかもしれません。今の時代、頭を使って、出来るだけ支出を無くしましょう。

諸外国と比較する日本のタクシー料金

自家用車がないときに移動する方法として便利なのがタクシー。特に旅行中などは大型の荷物をもって移動することを考えるとバスと比較しても移動しやすく非常に便利な乗り物である。しかし、日本のタクシーは諸外国と比べると非常に料金が高いと言われている。特に初乗り料金は非常に高く、シンガポールなどが初乗りで100円程度であることと比較しても高い。このために短距離の利用でもややためらってしまう部分がある。この要因が政府による援助である。アジアの大都市圏では自家用車の都市部乗り入れによる交通渋滞、大気汚染が問題になり、都市部に自家用車を入れされないような政策をとっている。この1つが公共交通手段の充実である。そこでタクシー会社に対しても環境基準や使用条件にあった車を用意することで多額の補助金を受けることができようになっている。そのために運賃の一部を国が補助していることから運賃価格にも反映されて、低くすることができる。これは公共バスや地下鉄にも言えることである。日本でもこのような補助を拡充していくことで都市部の渋滞緩和ができるのではないかと言われている。特に京都などは慢性的な渋滞が頻発しているために実行してほしい。