タクシーの料金はどのようになっているのか

タクシーは便利です。誰でも乗ることができる乗り物です。日々の生活で車の免許を持っていない方などは利用してショッピングを楽しんだりしています。バスや電車などといった交通手段もありますが、駅までしか乗せてくれません。駅からは自分で歩いて向かう必要があります。料金はやはりタクシーのほうが高めです。バスと電車は低料金で利用することができます。バス、電車の場合は一定の金額なのですがタクシーは違います。いつも同じコースを走っていたとしても金額は異なってしまいます。車は大きく分けて3種類くらいあります。この車の性質は異なっています。大型などの大型ワゴン車、中型車、小型車の3種類があります。一般的に中型の中型車に乗っている方が多いです。最近は車椅子などを入れたりすることができる介護車も増えてきています。誰もが気軽に、そして簡単に利用できるようになっているのです。金額はメータを利用しています。時間と距離が併用制になっている物を使っています。乗車して信号で止まったりすると動いてもいないのに金額が増えます。このときに1分間止まってしまうことによって時間メータが増えてしまうからです。分からない間に金額が高くなっていくのです。

高速タクシーを利用する場合の料金

高速タクシーは高速道路を利用して走ります。お客様のご希望で利用する場合には料金はお客様が負担しなければいけません。金額は料金所の通貨時に一時的にタクシーの運転手が仮払いを行ないます。そして高速料金の領収書は全て生産するときにお客様にお返しするのです。金額分は片道で可能です。帰り道まで支払う必要はありません。当然ながら運転手の自腹になります。金額は障害者であったりしますと割引がされます。これは自分が障害者だということを証明する証明書が必要になります。見たからに元気な障害者だと言い張って割引をしてもらうということは絶対にしてはいけないことです。障害者手帳を持っている方だけが金額を精算してもらうときに適用されるサービスになっているのです。体が不自由で障害者手帳を持ち歩いている方は障害の重度や軽度に関わらず掲示すればメータの金額が割引されますので、タクシーを利用する障害者様は掲示するようにしましょう。とっても便利で誰でも簡単に利用することができます。また大人数で乗れば金額を人数分で割った金額になります。とってもお得になります。友達とショッピングやお出かけに行く際には是非利用して楽しんでください。

コメントを残す

*